<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
木村王国への問い。
c0094660_114370.jpg

圧倒的なパワーとパンチの効いたキンチャン(木村氏の事を昔からこう呼んでいる。)の文章を受け、若干押され気味であります。
自家発電するか、どこかから電気を供給するか?
ゆくゆくは自家発電したいし、持ち家に住みたい!
君の自家発電な衝動やみなぎる思いは羨ましい限りだ。
数ヶ月前にキンチャンと二人でライブした時にも、clingonを始めた頃のような潔さは感じたよ。
それは、書く曲やギタープレイに関しても感じた。
それは嬉しい種類の感情だった。
古くから付き合っていて、今まで何度か、超ノリノリのキンチャンを目撃してきた。
音楽以外の場面も含めてね。
「シラフやのになんでここまで出来るんやろ~?」って思ったもので…。
僕の超ノリノリは、ドラム叩いている時か、飲んでる時ぐらいかも?
僕はそんな君や、他の周りの人達から電気を供給して今までやってきた気がする。
今もそうだ。
これからも…?
あるいはそれは、個人の傾向みたいなものかも知れない。
育った環境に関係するかも知れない。
でも僕も願わくば自家発電したいし、変わりたいとも思っている。
未だ不完全なまま、誰かから供給した電気で動き、充電機の具合が良くない時期もある。
降ったり晴れたりしながらドラム叩いてる。
ただ最近、挑んでいると実感出来るライブや、レコーディングを幾つか体験した。
それにより得た充実感や、達成感も感じた。
clingonが止まってからつくづく思うのは、僕は誰かが書いた曲が無ければ、ステージに立つことも音を吹き込む事も出来ないポジションであると言うこと。
勿論ドラマーにもいろんな人がいるけど、どうあっても今のところの僕はそういう立場だ。
その曲にどんな空気を注入するかに終始する。
それが好きだし、自分の為でもある。
そんな思いで夜な夜な飲んでると、好みじゃない積み木に遭遇する事もある。
参考までに言っておこう。
僕はナチュラルな木目の見えた、ニスも塗ってないヤスリで仕上げた積み木が好きだ。
色付きのものは塗料の種類によっては腹痛が3日以上続く。
これは辛い。
自家発電でない場合には、選り好みが出来ない側面も多くある。
仕方がない。
腹の中で発電所を建設するには、より多くの資材が必要なのだ。
腹痛にも耐えなければならない。
男はつらいよ。

自家発電バリバリの木村氏、ゆくゆくは富良野に移り住み、ログハウスを建てる夢はまだ忘れてないよね?
最近、富良野の話をあまりしなくなった君に改めて聞きたい。
君が乾杯拒否と言う制裁を加えた事により、多かれ少なかれ打撃を受けたカルト国、丸尾王国。
新たな貿易方法を考えるべく、さらには自家発電の参考の為にも是非答弁頂きたい!
[PR]
by cling-on | 2006-09-25 01:01
おっと。
そのテンションで来られましたか!  丸尾殿!
その柔らかな大人の風味をぶち壊してしまいたいぐらいに、
歯がゆいのは、僕だけなのでしょうか?
逆に僕は大人げないほどバカバカしいボールを投げ込むつもりです。


僕はね。
やっと、ここ最近(9/6〜)、全てにおいて自信が持てるようになったよ。
これは東京に来て初めてかもしれない。
音楽をする自分とベッドの中の自分の境目が無くなりつつある。
ずっと興奮してる。
前は、誰かにあったり、ライブをしたり見たり、遊んだりして、
外からの刺激でモチベーションを保ってた。
言ってみれば、人任せに外から安定剤をもらってた。

でもね、今は、
自分の中から、沸き立つ力を見つけたんだ。
どこか、冷めてた自分や誰かの意見を求めてた自分がいなくなった。
そう、音楽をやろうと決めた日、クリンゴンを結成した日を思い出したんだ。
全ては衝動!
今はエンピツが転がっても力に変えることが出来そうだ。

爆発寸前の心で毎日過ごせてる。
エネルギーが満ちて、毎日眠れないくらい。
曲を書くスピードが物凄く速くなった。
妥協する暇もあたえないし、悩む暇もない。

何が良いか、悪いか、何てこともどうでも良いんだ。
自分の中から出てしまった物は責任を持って育てる。
そして、納得のいくまで繰り返し歌い続ける。
勢いづいてゴメンだけど、マジでヤバい!

30越えてビビってたら何も出来ないからさ。
大人げなくてもいいから、がむしゃらにやろうと思ってる。
OH〜クリンゴン、待っとけよ!  この野郎〜〜〜〜!




ところで、丸尾殿。
お腹の調子はどうですか?
風の噂で「積み木」を飲み込んじゃったと聞いたのですが・・・。
赤ん坊じゃあるまいし、何でも口に入れる癖は、なおしてくだされ!


そして、PCの件は了解です。
残念ですが、携帯電話で頑張ってください。
あなたなら、文庫本くらいは書けるようになるはずです。
と、言うわけで、一生、丸尾殿と乾杯することが無くなったわけなんですが、
その辺は、どう、お考えですか?






P.S.
交換日記読者の方々へ
男2人の日記にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございます。
コメントしていただいた方々も、ありがとうございます。
が、コメントへの、こちらからのレスは控えさせてもらいます。
質問などの応えは、本文に書かせていただきます。
あくまでも、覗き見されてる感じを楽しみたいのでご了承ください。
[PR]
by cling-on | 2006-09-16 20:17 | Diary
交換日記!
c0094660_21434812.jpg

それなら僕にも覚えがある。
勿論男とのそれは33歳になるこの歳まで経験はないが。
響きがいい。
交換日記。

こそこそ隠れて、誰にも見つからないように、相手の机に忍ばせる。
内容はもとより、その行為自体に酔い、ときめいていた。

その密やかな悦びを、この度10年以上の付き合いである親友にして仕事仲間、木村ひさしと繰り広げる。
しかも第三者が見ることも前提として。
文学的多人称青姦!
あるいは官能的交換日記!
そんな大義名分も煩わしい。
面白そうだから始めよう。
以上。
軌道から外れた人工衛星のように、惰性で宇宙を漂うかのごとく、さまよいの交換日記になるかも知れない。
数々のポイントを経て、多岐に渡るレールの上を通過し、どこかの駅に着くかも知れない。
いずれにしても、昨日今日じゃない木村ひさしと僕の繰り広げるワンダーランドを眺めていて頂きたい。
で、早速指摘のあった丸尾PC購入促進文章。
今のところPCに関すて、煩わしいという先入観と、一ミリたりとも欲していない自分には変わりない。
僕がPCを購入するか、あるいは木村ひさしが僕の酒に付き合うか。
この大人気ないデットヒートが新しい何かを生み出してくれるかも。
この秘密のノートで、未来clingonを奏でて行きたいものである。
携帯にて!
[PR]
by cling-on | 2006-09-09 21:43
祝!交換日記!

祝!交換日記!


この歳になって交換日記をするとは思わなかったよ。
相手が可愛い女性だと思いつつ、優しい交換日記を繰り広げて行きたいです。
が、鈴木京香を思い浮かべてもすぐにヒゲが生えて来る。
あんたのヒゲは針金かい?

ってなわけで、丸尾和正と交換日記をする事にした。
休憩中とは言え、唯一のメンバーですから、この2人でやっちゃいますよ。

この交換日記の結末に興味を持ってるのは僕だけでは無いと思う。
交換し続けた言葉によって、ヤツが僕の籍に入るかもしれないし、
逆に殺し合いに発展するかもしれないし、どうしようもなく落ちの無いまま続くかもしれない。

十数年の付き合いの中で僕らは屈辱も知り、喜びも知り、秘密も知り!
ある程度のイベントや行事はこなして来た。
テンションが上がる要素は、もう、お互いに持ち合わせていないのに、
ここで、新たに知るんじゃないの?的な、お互いのサブいところを出し合って、
逆に温めたいと思ってるよ。。。。丸尾くん!



そこでひとつ、あんたに学んでいただきたい物がある。
それは、パーソナルコンピュータだ!
自分のキャラに甘んじて頑にキーボードを叩こうとしなかったが、
これからは、ひとつ学んで欲しい。

あんたがPCの前に座る姿は、
コーネリアス(猿の惑星)が宇宙船を目の前にした時のように想像出来る。
でも、明らかに時代は動いてる、このBLOGを充実させるためには、
ビールとドラムと高円寺以外に、もうひとつ学んでいただきたい!
お薦めのPCの写真載せておきます。
c0094660_0442957.jpg

それが出来たとき!
ボカァ〜、あんたの酒に付き合うよ!



じゃあ、これから始まる交換日記に乾杯!
さあ、みなさん、御一緒に!

9月5日は?

[PR]
by cling-on | 2006-09-05 00:46 | Diary